×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

引越費用 引越し貧乏にならないために

引越貧乏

引越貧乏と言う言葉があります。引越ばかりを繰り返していると、それだけで形にならないお金がなくなっていくという意味です。家を購入する場合には、家の価格だけを考えがちですが、必ずその他の費用も見積る必要があります。


引越費用を安く抑える方法には、引越の午後便を利用することも一つの方法です。引越は朝一番の便を希望する人が多いですが、費用的には午後便の方が安くなります。午前午後を指定しないフリー便でお願いすると良いでしょう。


引越費用は、意外と知られていませんが、業者によって差があります。若いうちは出来るだけ自分も引越に参加して、安い費用で済ませるのが良いでしょう。同じ地域に送るいろいろな荷物を一度に搬送する混乱便を利用するのも良いでしょう。


引越費用は、安ければ安いほど良いというわけではありません。あまりにも安く、トラックの大きさや家具などの搬入の設備が整っていない場合には、大切な家財に傷が付く場合もあります。信頼のおける引越業者で依頼したいものです。


引越費用を安く抑える方法

新しく新居を構える場合には、引越は一回で済みますが、家やマンションを売却してからなら、仮住まいが必要になることもあります。一回にかかる引越費用とその手間を考えると、出来るだけタイミングよく新居に入居したいものです。 引越費用を安く抑える方法には、引越の午後便を利用することも一つの方法です。引越は朝一番の便を希望する人が多いですが、費用的には午後便の方が安くなります。午前午後を指定しないフリー便でお願いすると良いでしょう。 業者に引越費用の見積もりを出してもらう場合、ダンボールやテープはサービスしてくれるところがあります。この場合、もともとこういった費用が引越代金に含まれているところがあるので、最初から不要として安くしてもらうと良いでしょう。 引越費用を26万円で見積もっておいて、各引越業者の価格を比較しながら、この範囲で引越が出来るように工夫するべきです。例えば、引越シーズンを避け、平日にするとか荷造り、荷解きはすべて自分でするなどです。

新しく新居を構える場合

新しく新居を構える場合には、引越は一回で済みますが、家やマンションを売却してからなら、仮住まいが必要になることもあります。一回にかかる引越費用とその手間を考えると、出来るだけタイミングよく新居に入居したいものです。


引越費用を出来るだけ安く抑えたいなら、繁忙期を避けることと、ダンボールなどもどこかから自分で調達しましょう。また、引越までに家の整理をして、不用品をすべて捨ててしまうと荷物が減って、引越費用が安くなります。


各引越業者の引越費用は、国土交通省の引越約款によって値段が決められています。この場合、計算方法は二種類あります。一つは時間ごとに価格が決まっている時間制と、もう一つは一定の距離で価格を決める距離制です。


大手の引越業者には、サカイ引越センター、アリさんマークの引越センターやアート引越センターなどがあります。まずはこうした大手の業者で、平日の午後便にするなど、引越費用が安くなる方法を考えると良いでしょう。